< 2019 Schedule >


お申し込みフォームはページ最下部へ↓

※ お申し込みは受付は前日までとなります。

※ クラス受講費は価格の記載がないものは全て¥12,960となります。


1月20日(日)

 

Kinesiology & Functional Anatomy 

〜進化の過程から人の身体を学ぶ〜

 

進化の過程から人間の身体がどのように成立したのか、これからの人間の身体はどうなっていくのか、比較解剖学や進化運動学の視点から理解していきます。

 

 

また、横筋筋膜や胸背筋膜・腹膜・骨盤隔膜筋膜などを介した体幹深層に位置する筋群と末梢筋群の関わりに始まり、重心の移動に伴う胸郭・骨盤帯・股関節の運動とそれに伴う横隔膜・腹横筋・多裂筋・肛門挙筋群の活動などを中心に人間の身体についてお伝えしています。

 

【本クラスで学べる内容】

・生物の進化から知る解剖学的構造体の成り立ちと意義

・体幹筋膜による構造連結、機能連結

・Functional Movement Assessment

・比較解剖学

 

【日時】2018/1/20 10:00~17:00(休憩1hを含む)

【会場】Athla Conditioning Arts(京王線桜上水駅より徒歩2分)

【講師】山木伸允(CSCS,JASA-AT,MSS,MovNat Lv2,FMS,SFMA,NASM-PES/CES,CAFS,XPS,3DMaps,鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師) 

※NSCA CEU 0.6


1月27日(日)

Movementology

〜発達・感覚から学ぶ人の運動〜

 

 ヒトの運動を構成する各関節群固有の運動パターンと、それらを協調する運動連鎖は、原始反射の抑制に始まり、運動への認識や眼球および足底等により得られる身体位置感覚、皮膚・関節包等の固有感覚器、体幹・四肢筋膜による力伝達等の要素により構成されています。  

 

 Movementologyはヒトの「自然な動き」の本質に注目し、眼球・頚椎・顎関節・胸椎肩甲上腕複合体および腰椎・骨盤帯・股関節複合体と腹腔内圧との協調エクササイズから、足底・関節包等への固有感覚の再獲得等を中心とし、脳血管疾患・運動器リハビリテーションやスポーツにおけるMovement Preparation、パフォーマンス向上のためのトレーニングなどに有効です。本セミナーではMovementologyに基づくエクササイズパターンの実践を通して、エクササイズプログラムに関する技術および知識を習得することが可能です。

 

【本クラスで学べる内容】

・人間の発達から知る解剖学的構造体の成り立ちと意義

・反射統合と運動獲得の関連

・感覚と運動

・嚥下と頚椎、体幹筋群

・呼吸と胸郭運動

・排泄と骨盤/股関節複合体の関連

 

【日時】2018/1/27 10:00~17:00(休憩1hを含む)

【会場】Athla Conditioning Arts(京王線桜上水駅より徒歩2分)

【講師】山木伸允(CSCS,JASA-AT,MSS,MovNat Lv2,FMS,SFMA,NASM-PES/CES,CAFS,XPS,3DMaps,鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師) 

※NSCA CEU 0.6


2月17日(日)

Palpation Specialist 

〜最も重要な基礎技術、触診を学ぶ〜

 

評価・徒手療法・運動療法の絶対的な基礎となる技術は触診です。人の身体に触れ、解剖学的構造の形態や運動の正常/異常を判断する技術なしに、適切な介入はできません。本コースでは全身の運動器に対する詳細な触診技術を習得していきます。

 

【本クラスで学べる内容】

・生物の進化から知る解剖学的構造体の成り立ちと意義

・人間の解剖学的構造体への触診技術

 

【日時】2018/2/17 10:00~17:00(休憩1hを含む)

【会場】Athla Conditioning Arts(京王線桜上水駅より徒歩2分)

【講師】山木伸允(CSCS,JASA-AT,MSS,MovNat Lv2,FMS,SFMA,NASM-PES/CES,CAFS,XPS,3DMaps,鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師) 

※NSCA CEU 0.6


2月24日(日)

Manual Therapy 

〜様々な徒手療法の理論と実践を学ぶ〜

 

様々な徒手療法の、その作用機序と実践について学びます。ポジショナルリリースやカウンターストレイン、アクティブリリース、関節モビライゼーション、筋膜アプローチ、インストゥルメント、カッピング、ドライニードリングといった様々な徒手療法を習得します。

 

【本クラスで学べる内容】

・様々な徒手療法の作用機序

・インストゥルメントの使い方

・ノッカーテクニック

・筋膜アプローチ

・ドライニードルの使い方

・カッピング

・ポジショナルリリース

・反復収縮法

・DNIC

・関節モビライゼーション

 

【日時】2018/2/24 10:00~17:00(休憩1hを含む)

【会場】Athla Conditioning Arts(京王線桜上水駅より徒歩2分)

【講師】山木伸允(CSCS,JASA-AT,MSS,MovNat Lv2,FMS,SFMA,NASM-PES/CES,CAFS,XPS,3DMaps,鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師) 


3月10日(日)

Corrective Exercise

〜「動きを変える」その本質に迫る〜

 

進化や発達にともない変化してきたヒトの認知機能や運動機能の変遷をたどり、「ヒトらしさ」の根源を考察し、リハビリテーションや動作改善の本質に迫ります。

 

 進化にともなうLocomotionの変遷や食性と体幹機能の関連、呼吸様式の違いが生み出す運動平面の差異やコミュニケーション方法の多様性など、ヒトに目を向けているだけでは理解することのできないヒトの持つ特異性や、ヒトが生後に歩む発達と嚥下・排泄、呼吸・発声・言語、姿勢・運動の獲得を俯瞰し、姿勢および動作構築・改善のためのエクササイズアプローチを共有していきます。

 

【本クラスで学べる内容】

・生物の進化から知る解剖学的構造体の成り立ちと意義

・体幹筋膜による構造連結、機能連結

・比較解剖学

・Functional Movement Assessment

・様々なコレクティブエクササイズ

 

【日時】2018/3/10 10:00~17:00(休憩1hを含む)

【会場】Athla Conditioning Arts(京王線桜上水駅より徒歩2分)

【講師】山木伸允(CSCS,JASA-AT,MSS,MovNat Lv2,FMS,SFMA,NASM-PES/CES,CAFS,XPS,3DMaps,鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師) 

※NSCA CEU 0.6


3月24日(日)

Physical Coaching Lv1 

〜フィジカルコーチとしての知識・技術を習得する〜

 

 スポーツで必要となる"strength"は、Big3等のベーシックウエイトトレーニングからオリンピックリフティング、プライオメトリックトレーニング等により構成されてきましたが、対人競技における多様な局面では、直線的・閉鎖的に鍛えられた筋収縮作業の学習は運動に効果をもたらさないだけでなく、過剰な筋の緊張や全身の協調性の低下等の副効果を発生させる事さえあります。

 

 本クラスでは、競技動作を構成する「身体の使い方」の習得・指導や、様々な競技で発生する動作パターンの分析方法の習得、そしてそれらのトレーニングプログラムへの落とし込み方等を学び、フィジカルコーチング専門職の養成を行います。

 

【本クラスで学べる内容】

・スポーツにおけるストレングストレーニング

・スポーツパフォーマンスへの評価方法

・身体の使い方への理解

 

【日時】2018/3/24 10:00~17:00(休憩1hを含む)

【会場】Athla Conditioning Arts(京王線桜上水駅より徒歩2分)

【講師】山木伸允(CSCS,JASA-AT,MSS,MovNat Lv2,FMS,SFMA,NASM-PES/CES,CAFS,XPS,3DMaps,鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師) 

※NSCA CEU 0.6


4月7日(日)

Physical Coaching Lv2

〜フィジカルコーチとしての知識・技術を習得する〜

 

 スポーツで必要となる"strength"は、Big3等のベーシックウエイトトレーニングからオリンピックリフティング、プライオメトリックトレーニング等により構成されてきましたが、対人競技における多様な局面では、直線的・閉鎖的に鍛えられた筋収縮作業の学習は運動に効果をもたらさないだけでなく、過剰な筋の緊張や全身の協調性の低下等の副効果を発生させる事さえあります。

 

 本クラスでは、競技動作を構成する「身体の使い方」の習得・指導や、様々な競技で発生する動作パターンの分析方法の習得、そしてそれらのトレーニングプログラムへの落とし込み方等を学び、フィジカルコーチング専門職の養成を行います。

 

【本クラスで学べる内容】

・スポーツにおけるストレングストレーニング

・スポーツパフォーマンスへの評価方法

・身体の使い方への理解

・高度な身体表現技法の実践

 

【日時】2018/4/7 10:00~17:00(休憩1hを含む)

【会場】Athla Conditioning Arts(京王線桜上水駅より徒歩2分)

【講師】山木伸允(CSCS,JASA-AT,MSS,MovNat Lv2,FMS,SFMA,NASM-PES/CES,CAFS,XPS,3DMaps,鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師) 

※NSCA CEU 0.6


4月21日(日)

YIPS Therapist

 

イップスは、心の病ではありません。

イップスは、真剣に練習を重ねた結果、脳が器質的・機能的に変化して発生します。

 

動作に対する不安や、自信を喪失するエピソードがその発生に関わっている事はありますが、それはきっかけに過ぎません。

 

より動きを良くするために努力を重ねた結果、ある特定の運動は高度に自動化されます。

その高度な自動化に伴い、体性感覚の変化とそれに基づく運動プログラムの変化が発生します。

 

MoveFree!では、イップスを改善するために下記のような取り組みを一連の認定プログラムとして行っています。

・運動感覚リチューニング (手指拘束法等)

・体部位局在再生 (運動の中枢化等)

・一人称運動イメージ訓練法

・感覚抑制法 (視覚抑制、触覚抑制等)

・運動規定法 (動作の分習・再構築)

・運動転換法 (重心移動、身体の使い方の再構築)

・自律神経調整法 (バイオフィードバック、感覚フォーカス等)

・食事指導 (食物繊維の摂取状況調査等)

 

・睡眠指導 (rem/non remの周期、睡眠時間・環境調査等)

 

【日時】2018/4/21 10:00~17:00(休憩1hを含む)

【会場】Athla Conditioning Arts(京王線桜上水駅より徒歩2分)

 

【講師】山木伸允(CSCS,JASA-AT,MSS,MovNat Lv2,FMS,SFMA,NASM-PES/CES,CAFS,XPS,3DMaps,鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師) 


参加お申込みフォーム

フォーム送信後、事務局より2日以内に下記内容を記載した返信メールをお送りいたします。 

 

【返信メールの内容】

・当日の情報

・受講料振込み先(銀行振り込み)

・MoveFree!キャンセルポリシー

 

【クレジットカード決済をご希望の方】

下部の参加申し込みフォームを送信の上、カード決済画面より、参加を希望されるセミナー数に合わせてカートに数量をお入れください。なお、カード決済のお手続きは、参加申し込みフォーム送信後2時間以内にお手続きを完了してください。

 

 【入力時の注意】

・メールアドレスの入力不備によりMoveFree!事務局からの返信メールをお送りできない事がございます。入力内容にお間違えのないようご確認下さい。

メモ: * は入力必須項目です